狭小住宅に最適!I型キッチンとアイランドキッチンの選び方

狭小住宅を建てる際に悩まれる方がとても多いのが、キッチンです。

リビングや各部屋を大きくするために、どうしても面積を削られがちなキッチン。しかしキッチンは、キッチンは大切な身体を作る重要な空間です。また、料理のしやすさに直結する、家の満足度を上げるために重要な場所です。

今回はそんな狭小住宅においてキッチンを最大限広く使うための2種類のキッチンの使いあkた、メリットデメリットを見てみましょう。

 

 

 

 

 

I型キッチンとアイランドキッチン


今回、ご紹介するのはI型キッチンとアイランドキッチンの2種類のキッチンです。

家の形や料理のやり方によって、合う合わない、使いやすいなどが分かれます。ただ、どちらの形も狭小住宅という限られた広さの中で、快適に使うためにとてもオススメの形です。

 

 

I型の対面式キッチン

I型キッチンは、調理台・コンロ、シンクが横一列に並んだキッチンのことです。日本でよくみられるタイプのキッチンであり、下準備や調理、配膳などを平行移動の動線ですることができます。I型キッチンはほかのキッチンに比べて面積を小さく作ることができるため、日本の狭い住宅事情フィットするため古くから多くの家で採用されてきました。

 

I型の対面式キッチンのメリット

・大きさの割に収納スペースを多く確保することができる
・キッチンの上が散らかっているのを外から見えないように隠しやすい
・高さが調整できる
・価格が比較的安価
・油汚れなどの掃除がしやすい
・省スペースで設置可能

 

I型の対面式キッチンのデメリット

・高さによって反対側にいる人とのコミュニケーションがとりにくくなる。
・また、低くすると油や水はねがしやすくなる
・ほかのキッチンに比べて開放感がない

 

 

それぞれのメリット、デメリットは以上のようなものが挙げられます。

 

 

 

アイランドキッチン

アイランドキッチンとは、島という意味を持つ言葉の通り、壁から離れた場所にまるで島のようにシンクや作業スペースが作られているキッチンのことです。
作業台が独立しているため周囲に余裕ができ、ダイニングやリビングなどにいる人と向かい合いながら料理ができるという魅力を持っています。

 

アイランドキッチンのメリット

・開放感がある
・複数人で料理がしやすい
・コミュニケーションが取りやすい
・スタイリッシュなイメージになる
・自由な空間設計ができる

アイランドキッチンの最大のメリットは、何と言っても作業台が島のように設置されていることによる開放感です。そして調理スペースが多く視界も広がるため、効率的に料理をすることができます。複数人での作業動線の実現が可能なため、家族や友人とみんなで一緒に料理をできるのも、このアイランドキッチンのメリットの一つです。

また、部屋全体を見渡すことができるため、部屋の様子を見ながら料理することができます。特に、少し目を離しただけでもヒヤッとするようなことをする幼児がいる場合、常に自分の見える範囲にいることはかなりの安心感があります。

そして壁に囲まれていない島であるからこそ、『魅せるキッチン』にすることもできるのが、アイランドキッチンです。収納やレイアウト自信のある方ならば、ショールームなどのようなキッチンにすることも可能です。

アイランドキッチンではライフスタイルに合わせて設計できるのも利点の一つです。キッチンにダイニングテーブルや、軽食を食べるカウンターを設けたり、シンクとコンロの両方を設置したりして、様々な配置の仕方が可能となります。キッチン周りでの家族の過ごし方を想像して、ほかのキッチンでは実現できないようなオリジナルのプランを実現することもできます。

 

 

アイランドキッチンにするデメリット

・広いスペースが必要
・キッチンが丸見え
・臭いが広がりやすい
・価格が高い

アイランドキッチンには、広いスペースをが必要です。狭小住宅でただでさえ面積が少ない中、このアイランドキッチンを設置できるような余裕のある空間作りには、設計の段階から様々な工夫をしなければなりません。また、場合によってはほかの部屋の面積を削ることが必要となります。

理想とされるアイランドキッチンの広さは、7.5畳と言われています。一般的にキッチン空間は4.5畳あれば良いと言われています。キッチンの周りの幅は最低75cmは必要であり、冷蔵庫などの搬入なども考えた上で確保する必要があります。

見せるキッチンのアイランドキッチンは、逆に言えばすべてが見えてしまうキッチンでもあり、片付け忘れてしまった物や汚れがすべて見えてしまうことも考慮しなければなりません。家に来客を招くことなどを考えると、毎日のお手入れは必須でしょう。

そして、キッチン周りに壁が全くないことで、湯気や臭いがそのまま広がってしまいます。特にリビングと一体化しているレイアウトの場合、調理中の臭いが広がってしまうということも考えられます。ガスコンロは防火制限の事情から、アイランドキッチンには不向きですが、IHクッキングヒーターは上昇気流が弱いためによけいに湯気や臭いが広がりやすくなります。そのため、換気システムにもきちんと気を配る必要があります。

アイランドキッチンは、従来のキッチンよりも価格が1.5~2倍の価格がかかります。

 

 

 

 

 

キッチンを選ぶ際のポイントは?


それではキッチンを選ぶ際のポイントを見てみましょう。選ぶ際は、キッチンの高さと導線、魅せるセンスの3つが大切です。

 

キッチンの高さ

キッチンは高すぎると使いづらく、低くしすぎると油や水がはねやすくなってしまいます。選ぶ際は、その人にあった高さについての計算方法は様々なものがありますが、身長を基準とする計算方法が一般的です。

キッチンの高さ=身長÷2+5 cm
※身長180cmの方の場合は180cm÷2+5cm=95cmが目安となります。

この方法の場合、個々の身長差が大きいとキッチンの高さが身長に合っておらず腰痛などの原因となります。そのため、比較的同じ方が日常的に料理をされる場合などはこの方法がいいのかも知れませんが、家族2人以上が日常的に料理をする場合、身長差も考慮して設計する必要があります。

 

導線

実際に料理を想定し、キッチンで動いて体感することが大切です。使いやすいものでないと、毎日の料理が億劫になってしまいます。キッチンは費用もかかるためそう簡単にリフォームもできませんし、年を重ねて足腰が弱くなったとしても必ず毎日使用するものですので、合ったものをじっくりと検討する必要があります。

 

魅せるセンス

魅せるキッチンにするには、キッチン・ダイニング・リビングの総合的なファッションセンスが求められます。そのため、質感や塗装をはじめとする装飾などにも上質なものを使用する必要があります。これは抑えることのできるコストですが、見えているからこそ安価な素材の安っぽさでは目立ってしまう場合があります。

 

 

 

これらを加味した上で、キッチンは選んでみましょう。きっと使うこと、料理することが楽しくなり、日々の生活を豊かにしてくれます。

 

 

 

 

 

理想にフィットしたキッチンを


今回は、狭小住宅をより広く活用できるキッチンをご紹介しました。

2つのキッチンを紹介しましたが、狭小住宅の場合ほとんどがI型の対面式キッチンのほうがより広く面積を活用することができます。しかし、アイランドキッチンは料理をする方にとっては永遠の憧れであり、特に料理が好きな方は毎日使うところであるからこそ面積を割いた方がいいとも言えます。家族構成や生活パターンなどを考えつつ、理想との兼ね合いを取って行ってくださいね。

狭小住宅でキッチンをお悩みの方は、狭小住宅の専門家が多数在籍するクレバリーホーム東京にご相談ください。

クレバリーホームの注文住宅