【二世帯住宅】デメリットからも学び決断を

 

両親との生活や、息子夫婦、娘夫婦との助け合った生活を考えた時に選択肢に上がるのが二世帯住宅です、
経済面や安心面など、メリットは数多く挙げられますが、もちろんメリットの裏にはデメリットもあります。デメリットに関しても知っておくことで、双方が快適に暮らすことができます。

後々後悔しないように、共に快適に暮らすために、今回は二世帯住宅のデメリットについて見ていきましょう。

 

 

 

 

決断する前に知っておくべき二世帯住宅のデメリット


二世帯住宅は、最近はとても需要が高まっています。
両親と完全な同居は嫌!という方でも、玄関やキッチンなどを別々にすることで、お互いのプライベート空間を確保し、自分たちの生活ペースを崩すことなく、相手の様子も手に取るようにわかるというメリットがあるからです。

しかし、違う人間同士が一緒に生活する中でのデメリットももちろんあります。

 

 

二世帯住宅のデメリットとは

二世帯住宅のデメリットは、以下のようなものが挙げられます。

 

教育に関する口出し

同じように子を持ったことがある親同士、どうしても子育てに関しては意見が合わないことが多いようです。アドバイスとは言えないただ口出しをされることが一番のストレスと感じている家庭が多いようです。

親世帯に子供を預けることができるという点は、二世帯住宅のメリットでもある一方で、両親が孫に対しての親意識を強く持ちすぎてしまうためこのようなトラブルが起きがちのようです。

 

プライバシーが守られない

二世帯住宅には、完全分離型、部分共有型、完全同居型の三つのタイプがあり、どのタイプを選ぶかによってプライバシーが全くなくなる可能性もあります。

共有する部分と別々にする部分をどこにするのかによって、大きく変わります。

 

完全分離型

寝室以外のすべての居住空間を共有する場合です。寝室以外のすべての居住空間を共有する場合、寝室以外ではいつも一緒です。そのため、プライバシーはほとんどなくなります。

実の親子であるならまだしも、義理の親子の場合、それが非常に精神的にきつくなることも多くなります。

 

部分共有型

寝室のほか、お風呂やキッチンなどの一部を別にする場合です。玄関が一緒なので、どこに外出しているのか監視されているような気がしたり、夜帰りが遅いのが気になりお互い外出を遠慮してしまったりと、関係がギクシャクしてしまうこともあります。

 

完全同居型

玄関から含めて、すべてを別々にする場合です。この玄関を含めてすべてを別々の空間にする場合は、せっかく二世帯住宅にしたのに生活が別になってしまう、家事を分担するつもりだったのにできない、という問題もあります。

 

この3つのうちのどのタイプにするかによって、プライバシーがどこまで守られるかが変わります。このような問題は、二世帯住宅を建てる前に、家族であらかじめ話し合いをし、関係性とプライバシーに対する理解をお互いが深めておくことで解消できます。

 

 

夫婦関係の悪化

実の自分の親と二世帯住宅に住む場合は、そこまで気ならないかもしれませんが、結婚相手からすれば、その親は全くの他人です。

しかし全くの他人ではあるものの、パートナーの親なので言いたいことをしっかり言えなかったり、自分が耐えるしかなかったりというシーンが多く見られます。結果として結婚相手からすると住みにくくなってしまうこともあるので、お互いに話し合った上で二世帯住宅にすることを決める必要があります。

 

 

玄関が一緒であることによるトラブルの多発

玄関が一つということで、次のような問題点が出てきます。

・お客様を招きにくい
・義両親の靴が散らばっているのを注意しにくい
・新しい靴を買うと指摘される
・玄関先で義両親が立ち話をしていると出かけにくい
・ドアを閉める音、鍵を閉める音、鍵を開ける音が気になる
・郵送物の仕分けが大変、郵便物の内容がバレやすい

玄関が同じ、というだけでこれだけの多くの問題が生じてしまいます。玄関だけは分けることを指導されている専門家や経験者の方も少なくないようです。

 

 

キッチンでのトラブルが多い

世代が違えば、食事の好みも違えば、食事をする時間帯も異なります。食事は家庭での生活を大きな要素を占めるため、姑と嫁とでキッチンを共有するとほぼ間違いなくトラブルが起こってしまいます。

もちろん、玄関やトイレ、お風呂も分けるべき空間ですが、キッチンだけは特に強く分けることをおすすめします。二世帯住宅を建てるにおいて、最優先の設備は、玄関ではなくキッチンなのかもしれません。

 

 

 

生活を干渉されてしまう

二世帯住宅で違う生活、とはいえ同じ屋根の下に住んでいるので、お互いの生活が気になってしまいます。

姑と嫁の仲が円満である場合はあまり気になることはありません。しかし根本的に性格や趣味が合わない状態なのであれば、細かいことも気になってしまいます。そのため、トラブルも多くなってしまいます。

 

 

 

騒音問題

二世帯住宅の多くは、親世帯が1階に住み、子世帯が2階に住むことが多くなっています。これは、将来高齢になった時に親世帯が階段を上がることが困難になることや、水回りに近い方が安心して生活できるという理由などがあるからです。

そこで親世帯が1階に住んでいることで、起こってしまうトラブルが騒音問題です。年配の親世帯は、就寝時間が早くなります。それに対して子世帯は、就寝時間が遅くなることが多くなります。そのため、子世帯の生活音がうるさく、親世帯が寝れなくなってしまうことがあります。バタバタと走り回る音や飛び跳ねたりする子どもが出す音は、思っている以上に周りに響きます。

また、生活時間が親世帯と子世帯で大きく開いている場合、食事の支度や片付けや入浴などが夜遅くになってしまいます。そのため、台所の音や水音が響いて、親世帯の睡眠の妨げになってストレスがたまる原因になる恐れもあります。

 

 

 

このように、数多くのデメリットが挙げられます。

 

二世帯住宅にしなければ…と後悔されがちなポイントは


 

年を重ねるごとに、将来的に起こるであろう介護問題に対して、二世帯住宅にしておくべきだった…と後悔してしまう場合があるかもしれません。ただ、それ以上にリスクとなるのは、二世帯住宅にしなければよかったと後悔してしまうことです。

二世帯住宅の建築費用は、一般的な住宅の建築費用よりも高額であり、決して安い買い物ではありません。間違えた判断だと感じたとしても、買い直しをすることが簡単にできるものではありません。

 

二世帯住宅であることで、友人や来客を招きにくくもなります。玄関が別であれば良いですが、親世帯と子世帯の共有の空間があれば、友人もいづらくなってしまいます。それが原因で、交友関係が崩れてしまうことも考えられます。

後悔しないためにも、しっかりと話し合いを行うことが大切です。

 

 

 

 

二世帯住宅で快適に暮らすための工夫


二世帯住宅は、ライフスタイルが異なる親世帯と子世帯が一緒に生活するものです。お互いがより良い距離感と安心感を持って、快適に暮らすために満足のいく家を作るためにはしっかりと工夫が必要です。

親子であっても、暮らし方の好みや生活の時間は異なります。別々に暮らすことで良い関係を保つことができるなら、完全分離型、育児や家事を協力して暮らしたいのなら部分共用型や完全同居型を選ぶことができます。お互いの世帯が安心して心地よく暮らすために、それぞれの家族にあった同居スタイルを選びましょう。

気になる生活音やプライバシーの確保などの問題は、間取りや動機の工夫で配慮することもできます。リビングや水回りを2つに分ける、玄関の方向を別々にする、などの工夫をしましょう。

 

 

 

デメリットも知った上で納得の選択を


 

デメリットは確かに多く感じるかもしれません。しかし、そのデメリットを超えられるような関係性、生活スタイルを構築することができたら、お互いが気持ち良く快適に生活することができるのではないでしょうか。デメリットはしっかりと把握した上で、自分たちにあった二世帯住宅を建てるために、よく話し合いをしてプランを決めるようにしましょう。

 

クレバリーホームの注文住宅