【二世帯住宅】間取りタイプ別のメリットとデメリット

 

様々な暮らしのカタチがある中、例外なく増えている二世帯住宅。

将来的に二世帯住宅を考えているものの、どのような間取りがあるのかいまいちわからない、メリットばかりではなくデメリットも知っておきたい…というのが本心ではないでしょうか。

今回は、二世帯住宅の間取りにはどのようなタイプがあるのか、またメリットやデメリットはどのようなものが挙げられるのか、ご紹介しましょう。

 

 

 

二世帯住宅とは?


二世帯住宅とは、親と子の2世帯が同一棟に住みながらも、トイレや台所などは別に設けてあり、それぞれの生活の独立性を保っている住宅のことを言います。

地価高騰や給与水準の低下などによって、若い世帯が単独で住宅を取得しにくくなっている現状、共働き夫婦が増加し、子育てのサポートをしてもらうために親世帯との同居が望まれている状況などを背景に、多くの方々がこの暮らし方を選択されています。

 

一見、外観は1軒に見えるものの内部は完全に2戸に分離したもの、敷地を広くとって大きな住まいにしたものなどがあり、様々な居住形態が提案されています。最近では、分譲マンションや公団、公営住宅でも建設されています。

 

3つのタイプ別二世帯住宅


二世帯住宅には、大まかに3つの間取りの種類があります。
順番にご紹介します。

 

完全同居型

家族を構成する人達それぞれの必要な寝室を設ける以外、すべて共用とするのが『完全同居型』の二世帯住宅です。

親世帯と子世帯内の間で、生活リズムや生活の時間帯に大きな開きがない場合、この完全同居型の間取りが選ばれやすい傾向にあります。完全同居型にすることで、交流時間も増え大家族の醍醐味を味わうことができます。家族の誰かがリビングにいて、夜もどこかに明かりがついているという生活は、いつも誰かがいてくれるという安心感があり、心も豊かに家族の生活を楽しむことができるでしょう。

 

部分共用型

玄関や浴室などの設備の一部を共用としながらも、親世帯、子世帯それぞれが生活するゾーンを分けるのが『部分共用型』です。

仕事の関係で親世帯と子世帯の生活時間帯が異なる場合や、適度にお互い家族のプライバシーを保ちたいという時に、この部分共用型の間取りがオススメです。

共用する部分が増えることで、建築にかかるコストを少しでも抑えることができます。

2階建てであれば1階に親世帯で2階に子世帯を、平屋建てならキッチンや浴室を中心として親世帯と子世帯を左右に振り分ける、などの間取りが考えられます。

 

完全分離型

それぞれの家族が全く別の世帯として暮らすのが『完全分離型』の二世帯住宅です。

同じマンションの隣同士の部屋で生活をしているように、暮らしのすべてが完全に分かれています。そのため、すぐそばにいながらも意識して関わらない限り干渉し合わない暮らしができます。お互いのプライベートが最優先なのであれば、最適でしょう。

 

 

このように、3つのタイプに分けることができます。

 

 

 

 

【二世帯住宅】タイプ別のメリットは?


 

では、それぞれの間取りのタイプ別に、二世帯住宅のメリットを見てみましょう。

 

完全同居型のメリット

何と言っても、大家族として賑やかに助け合って暮らせるということです。
親世帯と子世帯が完全に一緒に住んでいるので、子どもがいた場合いつも賑やかな時間を過ごせます。子どもの世話を親が手伝ってくれたり、反対に子世帯が親世帯の家事をしたり、とお互いに助け合うことができます。

また、建築の際のコストや後々のランニングコストを抑えられることもできます。部分共用型や完全分離型と比較すると、最も建築コストを抑えられるでしょう。電気代やガス代といったランニングコストも、比較的安く抑えることができます。

床面積を節約することもできるので、床面積を節約して1つ1つの部屋を大きくしていくことができます。

 

部分共用型のメリット

お互いの世帯で1日に何度も顔をあわせながらも、それぞれの世帯のプライバシーを保つことができます。完全同居型の二世帯住宅であれば、世帯間で気を遣いすぎて疲れてしまうこともあります。しかし、部分共用型の二世帯住宅であれば一定の距離感で同居をすることがができるので、気疲れをしません。

また、キッチンが共用の場合、親世帯と子世帯で一緒に食事の支度やテーブルを囲むことができたり、共働き世帯は、親世帯に孫の食事の準備をお願いすることもできます。

部分共用型の最大のメリットは、それぞれの家族がどうのように暮らしたいかというすり合わせがしっかりと出来ていれば、非常に良い距離感を保ちながら生活できるということです。

 

完全分離型のメリット

最大のメリットは、どのタイプよりもお互いのプライバシーを保ちやすいということです。

二世帯住宅にしたために家族関係が悪化したり、円満に暮らしていても親が亡くなった場合に家の売却を考えたりと、生活していく上での変化はつきものです。このような場合に、完全分離型であれば次の行動に移りやすくなります。

完全同居型や部分共用型であれば、もし売りに出したとしても大家族でないと購入を検討しません。しかし、完全分離型の場合1階は自分達が住み、2階は賃貸にするということもできるため、買い手が見つかりやすいのです。

 

 

【二世帯住宅】タイプ別のデメリットは?


続けて、デメリットも見てみましょう。

 

完全同居型のデメリット

まずはプライバシーの確保が難しい、ということです。

家の中でのプライベートゾーンは、ほとんど寝室だけです。そのため、一人や夫婦だけの時間をゆっくりと過ごすことがリビングでは難しくなります。また、キッチンや浴室、トイレが1つにまとまっているので、気を遣いながらの生活になります。

親世帯と子世帯では、世代や考え方の違い、生活スタイル、生活の時間帯、価値観ももちろん違います。また、どうしても家事の問題や嫁姑問題などの人間関係など、一つの空間で一緒に生活をしていると、どうしてもストレスに感じたり、実際にトラブルに発展してしまうことも考えられます。

 

部分共用型のデメリット

建て方によって、大きく建築コストが変わります。どこの部分を共用にして、どこの部分を別にするかによってはしっかりと話し合っておきましょう。特に水まわりの設備は、工事費用も高額になるので慎重に検討しておきましょう。

キッチンは、共用にすることで嫁と姑の間でのトラブルに発展する原因の一つにもなります。また、世帯間で食事の内容が違ったり、生活リズムが違ったりすることで、キッチンを共用することは難しくなります。

もし、生活時間帯が異なるという理由で部分共用型の間取りにするのであれば、寝室の近くに水まわりを置かない、共用廊下と寝室を離す、などの配慮が必要です。

 

完全分離型のデメリット

最大のデメリットは、やはり費用面です。家の費用の中で、設備がすべて通常の2倍になります。また、床面積も2家族分と大きくなるので、基礎や屋根などの費用も多額になります。2階建てであれば、家の内側にも階段を設けて行き来できる場所を作る、平屋建てなら窓越しにでも気配を感じ取れる部屋の配置の工夫をする、などといったように相互の暮らしを干渉せずとも、見守りができる工夫をしてみましょう。

そして、積極的にコミュニケーションとっていかなければ、隣の他人になってしまう可能性もあります。お互いの暮らしに干渉しないことは心地よくもあります。しかし一方で、コミュニケーション不足によって、寂しい家になってしまうことも考えられます。

 

 

家族にぴったりな間取りの選択を!


二世帯住宅には、それぞれのタイプでメリットやデメリットが存在します。二世帯住宅を考えている場合、自分達家族にあったタイプはどれなのか、親世帯と子世帯でよく話し合うことが大切です。お互いの意見を尊重しつつ、ぴったりの二世帯住宅を選びましょう。

 

二世帯住宅をご検討の際には、クレバリーホームにご相談ください。

クレバリーホームの注文住宅