【木造住宅】もしも…に備えた火事に強い住宅

 

いつ起こるかわからない火事。本当に起こった時に、耐えうる住宅であって欲しいというのは住む人みんなの願いではないでしょうか。自分の住む家が、火事に強いのかどうかはとても重要なポイントです。

住宅には、木造住宅や鉄骨住宅など様々な住宅があります。それぞれの造りの火事に対する強度はどうなのか、がわかると、日々の暮らしの中での不安が少なくなります。
火事に強い住宅はどのような造りなのか、また火事に備えて出来ることをご紹介します。

 

火事に強い木造住宅


 

ハウスメーカーや住宅展示場で、木造住宅は実は火事に強い、という話を聞いたことがある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

木だから燃えやすいのでは…?すぐに燃え広がるのでは?と思っていませんか?

 

『木』は表面から燃える

木造住宅は、火事が起きても燃えない場合があります。
これは木の特性によるもので、木は表面から燃えるために内部まで燃えないためです。

火事が起こった場合、木造住宅の家の表面が燃えて、炭化層を作ります。炭化層とは、燃えて炭になった木の層のことです。燃えた木の表面が炭化層となることでそれがバリアのような役目を果たし、この炭化層があることで、酸素と炭素は結合出来なくなります。結果、木の水分がなくなり炭素のかたまりとなります。燃えた表面から炭化していくので、だんだん燃えづらくなり、火が広がりにくく、内側の部分に炎によるダメージが到達しにくくなるのです。

 

この性質のおかげで、木は燃えても一気に強度が下がることがないため万一の火事の時でも、避難のための十分な時間を確保することができます。また、崩れ落ちる前に消火ができれば被害も最小限におさえることができます。

自然素材だからこその安全性

火災が起こった際、住宅が燃えることによって発生した有毒ガスが原因で、意識喪失となり
逃げ遅れてしまった、一酸化炭素中毒になってしまった、という話をニュースで聞いたことがあるかと思います。一酸化炭素のほか、塩化水素やアンモニアといった有毒ガスを吸い込むことによって命を落としてしまう、というのが火事の恐ろしさでもあります。

しかし、木造住宅は燃えたとしても、有毒ガスの発生量が非常に少ないという良さがあります。もちろん木なので燃えれば一酸化炭素や二酸化炭素は発生します。しかし、人工素材に比べると有毒ガスの発生量はかなり少なくなります。

 

 

鉄骨住宅は火事に強い?

では、鉄骨住宅はどうなのでしょうか。
鉄というと、火に強そうなイメージがあります。しかし鉄は、高温にさらされることによって建物自体の強度が低下してしまいます。そして、ある一定の温度を超えると、鉄自体が曲がってしまうメルトダウンという状態に陥ります。
メルトダウンという状態は、核燃料が高温になりすぎて溶けてしまったことで、格納容器に穴を開けてしまった、という福島原発で起きたことと同じ状態のことです。メルトダウンによって鉄の強度が落ちて曲がってしまったことで、結果として家全体が崩れ落ちてしまうのです。

鉄骨住宅は、見た目も響きも強そうなイメージがあり、実際に自然災害や雨風にも強いのですが、火事という高温に対する耐性は弱いのです。

 

 

木造住宅と鉄骨住宅、どっちが火事に強い?


とある実験によると、同じサイズの木と鉄に、住宅と同じような荷重をかけながら燃やすと、鉄は5分後には強度が半分以下に、さらに10分後には元の強度の20%程度になり、荷重で曲がってしまいます。
しかし、木は10分燃やし続けても表面が炭化するだけで、内側までは燃えずに80%程度の高い強度を保っていた、という結果が出ています。

木造住宅は火事が起きた際、燃えて崩れるまでの時間がかなり長いという特性がありますそれに対して、鉄骨住宅は燃えていくにつれて強度が低下していきます。すぐに消化を進めなければ、その分強度が減り崩れ落ちてしまうのです。

いざ火事が起きたとなると、パニックになるでしょうしすぐに逃げられない状況にあるかもしれません。しかし、燃え広がる前に幾らかの時間があるのであれば、たとえ火事が起きたとしても落ち着いて避難することができます。

 

 

 

火事への備えは普段からしっかりと!


 

火事に備えて普段から出来ることはたくさんあります。木造住宅という対策も大切ですが、普段から出来ることを定着させておきましょう。

 

対策① 放火対策をする

ガレージや玄関まわりなど、ゴミを出しっぱなしにしていませんか?

ガレージに燃えやすいものを置かない、ゴミは指定された日の朝に出す、など家のまわりに燃えやすい物を置かないようにしましょう。また、侵入される恐れもあるので物置などの戸締まりもしっかりとしておきましょう。

 

対策② 調理中はコンロから離れない

ちょっとだけ…という安易な行動が命取りになります。調理中、火がついている物から離れる場合は必ず火を消すようにしましょう。スマホに集中するのも危険です。また、コンロのまわりに燃えやすい物は置かないように気をつけましょう。

 

対策③ 寝たばこをしない

寝る前や布団の周りでタバコを吸わないのが一番ですが、もし吸う場合は灰皿には水を入れておき、吸殻を捨てるときは必ず水で消火するようにしましょう。

 

対策④ 子どもの火の取り扱いに注意する

大人が使っているから、同じようにやってみたい、ちょっと危険な遊びをしてみたい…というのが子どもです。そんな子どもには、火の正しい使い方だけでなく、恐ろしさも教え、どもの手の届くところにライターやマッチは置かないようにしましょう。また、花火やバーベキューなどをするときも大人がそばにしっかりとついておきましょう。

 

対策⑤ ストーブまわりはすっきりと

ストーブのまわりに、衣類やふとんは散らかっていませんか?カーテンや洗濯物などがストーブにかかっていませんか?ストーブのまわりには燃える物をなるべく近づけないようにしましょう。給油をする場合も、完全に火を消してから行うようにしましょう。

 

対策⑥ 配線まわりを整える

どれが何のコードかわからないくらい、たこ足配線にしていませkんか?また、コードの上に物を載せたり、コードを縛ったりしていませんか?コンセントまわりは定期的に掃除をし、たこ足配線にならないように使うものを厳選しましょう。

 

出来ることからしっかりと行い、大切な家を普段から守る意識を身につけておきたいですね。

 

火に強い木造耐火住宅


 

木造住宅がいくら火事に強いとはいえ、木材が炭化するほどの火事が起きてしまった場合は、住み続けることが難しくなります。そうならないためにも、日々の備えをしっかりとしておきましょう。

また、木造も鉄骨もそれぞれの良さがあります。今回は、火に対する強さにポイントを置き、特性を見ていきました。家づくりをしていく上では、家族がどのような家に住みたいのか、どのような暮らしがしたいのかを明確にし、進めていくようにしましょう。

木造住宅のメリットは、火事が起きてから火が回り、家の耐久性が落ちて崩れ落ちるまでの時間が長く、十分な避難時間を確保することができる、十分な強度を保ってくれるという部分です。これから新しく住宅を建てるのであれば、火事に強い耐火建築の家を設計建築するのがおすすめです。

火に強い木造住宅についてご興味のある方は、ぜひ一度クレバリーホームにご相談ください。建築実例もございますので、そちらも合わせてご覧下さい。

クレバリーホームの注文住宅