4階建てという選択|間取りと暮らし方

 

 

都心部に家を建てるのでどうしても狭小地になってしまう…せっかくだし、広々暮らしたいから4階建ての家にしてみたい!でもプランニングや費用が気になり一歩が踏み出せない…とお考えではありませんか?

4階建ての家を選択することで、居住スペースを増やすことができるだけでなく、副収入を得ることもできます。
家を建てることは多額の費用が必要ですが、副収入という選択肢があるなんて魅力的ですよね。

 

今回は、4階建ての家を建てる時の間取りのプランニングや工夫点をご紹介します。
このコラムが、今後の家づくりの参考になれば幸いです。

 


このコラムのポイント
・4階建ての家に住むことで、高くても住みたい場所に住めたり副収入を得ることができたり、しっかりと部屋数を確保することができます。
・建てる際は、地盤を整えたり、間取りや水回りの場所、家事動線などを整えたりとトータルでのプランニングをしっかりと行う必要があります。
・このコラムを読んでいただくことで、4階建てを建てて住む魅力を知ることができて住むという選択肢が広がり、4階建での生活が少し身近になります。


 

 

 

4階建てを建てる理由


戸建てや一軒家は2階建て、というのは一般的です。ただ、経済的な問題はもちろんありますが、4階建てという選択も、目の前に広がっています。

では、4階建てに住むことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

高くても住みたい土地に住むことができる

家族の人数も多く広い家に住みたい、けれど利便性を考えると都心部に住みたい…両親と暮らしたいけど、なかなか皆で暮らすことができるだけの土地がない…そんな時にぴったりなのが、4階建てです。

確かに建築費用や、狭い土地の割には土地代が高くつくかもしせません。しかし、どうしても『場所』という面で譲ることができない場合、4階建ての家を選択することで選べなかった選択肢を絞ることができます。

 

住み続ける上で、利便性や街の雰囲気、治安は思っている以上にとても重要です。住みたい土地で、皆で笑って過ごせる日常が手に入ると思うと、最善の選択かもしれません。

 

 

店舗併設住宅にする

立地がよければ、1階部分を店舗とした店舗併用住宅として建てることが可能です。事業始めようと考えているが、生活とのバランスを考えて家と職場は近場にしたい、新たに店舗を構えるが、いざとなっても打撃の少ない店舗併用住宅にしておきたい、という場合に4階建てはうまく活用することができます。

 

 

副収入を得てもらう

抵抗がなければ、どこかの階を賃貸住宅にするという選択肢もあります。そうすることで、収入源につなげることができ、たとえ建築費に多くかかったとしても少しずつ回収することができます。

最初からそういった考えはなくても、子どもが独立したことをきっかけに賃貸住宅にする、というやり方もあります。長い目で見て、家に稼いでもらうことができるのは4階建の手の強みですね。

 

 

狭小地でも十分な部屋数を確保

たとえ土地が狭小地でも、そもそもフロア数が多いので部屋数をしっかりと確保することができます。個々のプライバシーも守ることができ、狭さでやきもきすることはありません。広々と暮らすことは、心の余裕にもつながります。

 

 

このように、多くのメリットがあるのが4階建てです。

 

 

 

建てる時のポイントは?


4階建手での生活を考えると、ウキウキしてきましたよね。

では、実際に建てるとなると、どのような点に注意して建てるといいのでしょうか。ポイントとして4つご紹介します。

 

 

ポイント① 水まわりをコンパクトに整えておく

4階建ての家で、ぞれぞれのフロアに水まわりを設置し、場所も分散させてしまうとコストがかかり、配管工事も複雑になってしまいます。キッチン、洗面所、トイレ、バスルームなどの配管設備は、工事費の事を考えできるだけ安く抑えるのであれば、水回りは1ヶ所に集中させることがポイントです。また、1カ所に集中させることで、家事動線もスムーズになります。

住宅の配管設備は、定期的なメンテナンスが必要ですが、その時も配管が集中していることで、メンテナンスがとても楽になります。もし配管詰まりや漏水があったとしても、配管同士が近い位置にあることで調査が楽にできるだけでなく、部品の数も少なく抑えることができる可能性があります。

 

また、水まわりは家事が手中する部分です。水回りを1ヶ所に集中させることによって家事をスムーズに進めることができます。家事動線がスムーズになる音で、結果として時間を有効に活用することにもつながります。

 

 

ポイント② 設計と間取りのプランニング

4階建ての家を建てようとすると、容積率や高さ制限などの様々な制約があります。制約の中でも快適と感じられる空間を作るためには、設計と間取りのプランニングが重要です。

3階以上の高い建物を建てる場合、建築構造士による構造計算が必要です。鉄骨造、RC造だけでなく木造もこの構造計算を行う必要があります。これは災害などで家に力が加わった時、それに耐えることができるかどうかの計算です。ここに費用がかかることを、念頭に入れておく必要があります。

 

部屋の1部を賃貸住宅にする、店舗併用住宅にする、という場合、多くの人の出入りや生活音などに配慮したプランニングをする必要があります。

狭小地であれば、近隣住宅もすぐそばという可能性もあるので、ご近所迷惑にならないような配慮がプランニング段階から必要となります。

 

 

ポイント③ 高額な建設費用は腹をくくる

4階建ての家を建てる時に、切っても切り離せないのが日照権の問題です。4階建の住民は、さんさんと太陽の光が降り注ぐことに対し、そのお隣さんは4階建てのせいで太陽の光が全く部屋に入らない…となるとトラブルにもつながってしまいます。

4階建はただでさえ費用はかかります。そこに日照権や、複雑な形状の地盤に家を建てることなどが加わることで、さらに施工費用が上がってしまう…。この部分に関しては、もう4階建を建てると決めた時点で、腹をくくるのが最善です。

 

 

ポイント④ 地盤工事は丁寧に

狭小地に高い建物を建てる場合、地盤の強度は大きな問題です。たとえば、同じ延べ30坪の場所でも、木造2階建てであれば30トン、鉄筋コンクリート造2階建てであれば160トンもの重量です。

建て方にもよりますが、4階建てを検討しているのであればこの倍を想定しておく必要があります。それだけの重さに耐えられる、強度のある土地である必要があります。もしそれだけの強度がない場合、杭を打つなどの対処が必要となりそのための費用もかかります。

ただ、ここも安全な生活を送っていく上で譲れない部分ではあります。土台はしっかりと整えておきましょう。

 

 

 

デメリットも知っておこう!


4階建てには魅力がたくさんありますが、いいところばかりだとも限りません。デメリットとして、

 

・階数が多いために家事導線に無駄が発生する
・家電や家具の搬入搬出が大変になる
・冷暖房効率が悪くなる
・高齢になった時に体がついていかない
・大きく広いゆえ災害時に破損箇所を見落とす

 

などがあります。
いかにデメリットも見ながらも自身や家族の思い描く暮らしを実現していくかが重要ですね。

 

 

 

4階建てだからこその魅力を満喫!


4階建ての家を選択することで、マンションや2階建ての家では手に入らない暮らしを実現することができます。

家を建てるということは、長く添い遂げることを想定して、新たな暮らしを紡ぎ始めるということです。これからも進む未来の自分たちが笑顔でいられるような家づくりができるといいですね。

 

4階建ての家づくりの進め方や実例などは、お気軽にお問い合わせください。