二世帯住宅にして良かった!メリットについて

 

二世帯住宅は祖父母・父母・子供の三世帯で同居します。三世帯で同居するからこそ普通の一戸建て住宅では得られないメリットがたくさんあります。祖父母と近い距離で住みたい方、経済的な援助を受けたい方などは二世帯住宅に向いていることでしょう。そこで今回は実際に二世帯住宅に住んだ際に得られるメリットについてご紹介します。

 


このコラムのポイント

・二世帯住宅は親世帯と子世帯が共同生活するからこそメリットがたくさんある

・生活面と資金面で持ちつ持たれつの関係を築ける

・お互いが住みやすい二世帯住宅は横並びの設計で、来客時の対応方法を事前に考えることでストレス無く生活できる


 

二世帯住宅はメリットがたくさんある


 

二世帯住宅とはご存知の通り子世帯(親子)が親世帯(祖父母)と同居する一戸建て住宅のことです。同じ建物あるいはすぐ近くに親世帯が住んでいるため、様々なメリットが生まれます。

二世帯住宅は住む人数が多いため広くて大きな一戸建て住宅になるのでとても賑やかになります。しかしメリットは賑やかになるだけではありません。日常生活や資金面など様々な方面で多くのメリットが発生する可能性を秘めています。

親世帯と共同することに悪いイメージを抱いている方もいるかと思われます。しかしそれは二世帯住宅の特性を十分把握して置けばトラブルを最小限に抑えることが出来ます。上手く活用すれば現代の生活様式にも合っているので、新築住宅の購入を考えている方は一度二世帯住宅を検討してみてはいかがでしょうか?

二世帯住宅に住むことで得られるメリットはたくさんあります。今回はその中から生活面と資金面についてご紹介します。

 

生活面:協力し合いながら生活する


 

二世帯住宅に住むことは親世帯と子世帯が同じ建物で共同生活を送ることになります。同じ屋根の下で生活するので本来ならば自分一人でやらなければならないことも分担して効率良く生活出来るようになります。

 

・家事の分担

良くある事例が家事の分担です。主に炊事・掃除・洗濯が挙げられますがこれらを毎日行うのはとても大変です。共働きの家庭ならば尚更大変なことでしょう。しかし二世帯住宅ならば自分だけでなく祖父母も住んでいます。協力しながら家事を分担すれば、単純計算で家事の負担が半分になるでしょう。

もちろん相手方と相談して丁度良く折り合いを付けなければなりません。しかし急な用事や体調不良などが発生した場合に、変わりに家事をやってくれる人がいるという事はとても心強い存在と言えるでしょう。

 

・孫の世話

子供の世話は日常生活の中で特に大変な部類に入ります。特に幼少期の子供は常に見ておかなければならないため自分がやるべきことも満足に出来なくなってしまいます。子育てを経験した方は誰しもが一度は「誰かに代わって欲しい」と思ったことがあるのではないでしょうか。

そんな時に祖父母がいれば強い味方になってくれます。家事の分担と同様に、一時的に孫の世話を祖父母にお願いすれば自分への負担がかなり削減出来ます。何よりも祖父母は一度子育てを経験しているので、強い味方になってくれることでしょう。

共働きの夫婦にとっては、自分達が働いている時間帯に孫の世話をしてくれる人がいることはありがたいのではないでしょうか。保育園や託児所に頼らずに、もっと安全な方法で子育て出来る環境は何よりも代えがたい価値があるはずです。

 

・家の留守番

二世帯住宅に住むという事は常に誰かが家にいる状態が長く続きます。自宅が不在になる状況が少ないという事は盗難や事故の被害に会う危険性が減るという事なので防犯対策への効果も期待できます。

また休日に旅行や遠出をしたいと考えた場合、小さな子供やペットがいる家庭はなかなか難しくなってしまいます。しかし祖父母に留守の間だけ子供やペットの世話をお願いすれば気兼ねなく旅行へ行けます。

 

・介護

二世帯住宅に住むことでメリットが得られるのは子世帯だけではありません。親世帯も当然受けられます。高齢層に差し掛かって体の自由が効かなくなってきたら介護が必要になります。一般的に考えればこの場合、介護サービスを利用したり老人ホームに入居するといった方法があります。しかし二世帯住宅ならば子世帯の家族が請け負うことが出来ます。

二世帯住宅でなくても親世帯の自宅に通って介護している方もいます。しかしその場合通うのに時間がかかりますし、緊急時の対応は難しくなります。

二世帯住宅ならばすぐ近くでお互いが生活しているので有事の際でもすぐに対応できます。介護サービスではなくお互いに気心の知れた中だからこそ出来ることもたくさんあります。何よりも介護が必要になった祖父母にとって家族が目の前にいるという事は精神的な安定になることでしょう。

 

資金面:経済的な援助を受けられる


 

一戸建て住宅に住むという事は購入費も維持費もかかります。しかし二世帯住宅ならばある程度経済的な負担を軽減することが出来ます。

 

・土地・資金の援助

二世帯住宅に住む際に祖父母から土地あるいは資金の援助を受け取れることがあります。一戸建て住宅に住みたくても資金が足りなくてやむなく諦めてしまう家庭はたくさんあります。しかし親世帯が土地あるいは資金を十分に持っているならば援助してもらえるケースもあります。

当然自分達だけが住む住宅を建てる際に援助をお願いしたら反感を買ってしまいますが、二世帯住宅ならば自分達も関わってくる話なので検討してくれることもあります。

 

・維持費・公共料金の分配

二世帯住宅に住むという事は両世帯の住宅の維持費と公共料金が一つにまとまることを意味します。そうなれば別居している状態に比べて合計金額は減る可能性が高いですし、分配すれば全ての支払いが半額で済むこともあります。逆に住宅ローンの支払いは子世帯が担当して、公共料金は親世帯にお願いするという分け方もあります。

当然二世帯住宅は一般的な一戸建て住宅に比べて広いので維持費は高額になりますが、両世帯で分配すれば経済的な負担は軽減出来るでしょう。また二世帯住宅に住んでいる場合、条件次第では国から支給される補助金が受給できます。

 

横並びの二世帯住宅の特徴


 

二世帯住宅は様々な間取りがありますが、親世帯と子世帯を完全に分離する場合居住エリアは縦並びか横並びのどちらかになります。どちらにもそれぞれのメリットはありますが、お互いの生活への支障を考えたら横並びの方が好ましいです。

縦並びの場合、1階と2階でそれぞれの世帯が生活することになります。そうなると2階の住人が動くたびに床を踏む音や階段を上る際の音が1階の住人に聞こえてしまうことがあります。

しかし横並びならば壁一枚を隔てて別の空間で生活します(中にドアがあって両方を往来できる場合もある)。こちらの方が生活音が聞こえづらいのでお互いの生活を邪魔しなくなります。

また2階に住んでいる世帯は出入りする際に階段を上らなければならないので、来客対応や障害者の入居には不向きです。上と下に分かれていることによる不公平感が出ないというメリットもあります。

 

二世帯住宅での来客対応について


 

二世帯住宅に住む場合、来客の対応方法についても考える必要があります。来客時にどのように対応したいかによって、間取りを調整しましょう。

もし親世帯がセミリタイア(あるいは隠居生活)している家庭であれば、家に来客を呼ぶ機会が多くなります。その来客が子世帯の家族も知っている人だった場合、一緒に対応する必要があるかもしれません。もしそのような機会がたくさんあることが予想できるのであればお互いのエリアを行き来しやすいような間取りにするべきでしょう。

逆に「必要以上に来客対応をしたくない」「お互いの生活スタイルを分離したい」と考えているのであれば、お互いのエリアが完全に分かれている完全分離型と呼ばれる設計にしましょう。また、応接室を2つ作ると来客の頻度が増える傾向にあるので、どちらか1つだけに設計しましょう。

 

まとめ


 

二世帯住宅は親世帯と子世帯が持ちつ持たれつの関係を築けるのでお互いの負担を減らすことが出来ます。お互いが住みやすい二世帯住宅にするためには「どんな住宅に住みたいか?」を事前に打ち合わせて、全員が納得のいく二世帯住宅を設計するように心がけましょう。

 

こんな家にしたい、という具体的なイメージがわかない、希望はあるけれど他の人の家づくりも参考にしたい方は、ぜひ建築実例をご覧になってみてください。

 

もっと価格について詳しく知りたい、間取りのアドバイスが欲しい、二世帯住宅を検討しているが疑問点がある…という方も、お気軽にお問い合わせください。