【気になる相場】二世帯住宅の価格は?

 

 

 

将来的なことを考えて、二世帯住宅の家を検討されている方は多いのではないでしょうか。新築するのか、今の家をリフォームするのか…。その中でも、気になるのはやはりどのくらいの価格になるのか、ということです。

単身世帯で暮らす家に比べ、価格はどのような違いがあるのでしょうか。

 


このコラムのポイント
・二世帯住宅には、『完全分離型』『部分共有型』『完全共有型』の大きく3種類の間取りがあり、どの間取りを選ぶかによって価格は変わってきます。
・バスルームやトイレなどの設備の数、住宅の構造が価格差を生むポイントですが、両世帯の希望もしっかりと織り込みつつ間取りを決めていくことが重要です。
・このコラムを読んで頂くことで、二世帯住宅の価格差はどこで生じるのかを知ることができ、今後の二世帯住宅の家づくりに生かすことができます。


 

 

 

 

 

 

二世帯住宅とは?


 

 

二世帯住宅は、2つの世帯が暮らしを共にすることです。人とのつながりが希薄になってきたと言われる昨今ですが、共に暮らすことで改めて家族のつながりや関係性を意識することができます。

 

また、経済面では大きく余裕を生み出すことができます。二世帯住宅にすることで、同じ空間でたくさんの人が過ごすことになります。それにかかる食費や光熱費、居住費は抑えることができます。

そして、相続税の面でも、もし親世代が亡くなったとしても、故人が住んでいた2世帯住宅に同居の相続人が住み続ける場合は相続税が減税されます。適用に条件はありますが、『小規模宅地の特例』という敷地面積の240m²までの相続税評価額が80%減額になる措置があります。

 

 

◼︎ 二世帯住宅の間取りタイプ

 

ひとくちに二世帯住宅、とは言っても、暮らし方や間取りは様々です。特に間取りを工夫することで、両世帯の生活スタイルを維持しながらも同居という形を成立させています。

二世帯住宅の間取りは、大きく3つのタイプに分けることができます。

 

 

間取り① 完全分離型

親世帯と子世帯の生活空間が、完全に分けられている間取りです。玄関、バスルーム、トイレ、リビングなどすべてが分かれています。そのため、バスルームやトイレなどの設備もすべて2つずつ必要になり、価格は高くなります。

 

完全分離型の中にも、親世帯、子世帯双方の家を横に並べる左右分離型と、双方の家を積み重ねる上下分離型があります。左右分離型は、広い敷地を必要とするため土地代がかかります。上下分離型は左右分離型と違い土地代はかかりませんが、生活リズムがずれている場合は生活音が気になりやすくなります。

 

 

間取り② 部分共有型

親世帯と子世帯の生活空間を、部分的に共有している間取りです。玄関だけ、玄関とリビング、キッチンを共有、など様々なパターンがあります。

共有する設備が多ければ、二世帯住宅とはいえ価格を抑えることができます。バスルームやキッチンなどの水回りの工費は高くなりがちなので、水回りだけ共有、という家庭も多いようです。

 

 

間取り③ 完全共有型

親世帯と子世帯が、完全に同じ空間で生活する間取りです。プライバシーはあまり守られず、個室以外は完全に共有です。

バスルームやキッチン、トイレや洗面所などのすべての設備を共有するので、設備費やそれに伴う工費は抑えることができます。しかし、世帯人数が多いのにも関わらず、トイレや洗面所が小さい、もしくは少なかったりすることで、生活の中で不満が生じてしまいます。使用頻度が高い設備はあえて増やすなどの工夫をすることで、不満を抑えることができます。

 

 

 

このように、間取りには様々なスタイルがあります。どのような間取りを選ぶかによって、二世帯住宅の価格は大きく変わってきます。

親世帯と子世帯それぞれの生活スタイルや予算に合わせて、双方の将来設計や希望をすり合わせながら、二世帯住宅の間取りを決めていきましょう。

 

 

 

 

 

 

価格の分かれ目は?


 

二世帯住宅の価格の分かれ目は、間取りによっても違うのは先にも述べた通りです。共有する部分が多ければ、トイレやお風呂、キッチンなどの設備は1つでいいですが、完全分離型のように生活空間を別々にする場合、必要な設備はそれぞれ必要となります。

その他にも、価格差が出るポイントがいくつかあります。

 

 

・どこを部分共有するか

 

バスルームやトイレ、リビングなどの設備が1つで足りるので、完全共有型の場合は一般的な一戸建て住宅とほとんど価格は変わりません。また、完全分離型の場合は設備価格が約2倍になります。

価格差が出てくるのは、部分共有型です。バスルームやキッチンなどの水回りを共有するのか、リビングや応接間、玄関などを共有するのかによって、それに伴う工事費は大きく変わってきます。前者の方が、価格は高くなります。住宅の建設で費用がかかるポイントは、設備機器や水回りなので、どう共有するかがポイントです。

 

 

・延べ床面積と分離型のタイプ

 

延べ床面積は、家の床の面積のことです。完全共有型の間取りを選んだとしても、世帯人数が多いため二世帯住宅であればある程度の広さは必要です。延べ床面積の違いによって土地代は変わってきます。

そして、完全分離型の中でも、左右分離型にすることで、土地代が高くなります。反対に、上下分離型は土地代は抑えることはできますが、横ではなく縦に大きくすることでの外壁や柱、設備などは高くなります。

 

・木造か鉄筋か

 

木造住宅にするか、鉄筋住宅にするか、によっても価格は変わってきます。

住宅の構造の種類は、おおまかに『木造』『鉄骨(重量鉄骨、軽量鉄骨)』『RC(鉄筋コンクリート造)』『SRC(鉄骨鉄筋コンリート造)』の4種類があります。

 

費用面だけを見ると、圧倒的に木造住宅の方が安くなります。また、固定資産税などの維持費も木造の方が安くなります。

鉄骨の場合は、工法によっては木造住宅よりも工期を短縮できますし、家そのものの耐久性が高いので、長く利用することができます。初期段階では、木造の方が費用を抑えることができますが、長年住み続ける中でのランニングコストや修繕費などを考えると、結果的に鉄筋の方が安くなる場合もあります。

双方のメリットをしっかり見ながら選びましょう。

 

 

・お風呂やトイレの数、場所

バスルームやトイレなどの水回りの設備の個数は、建設費用を左右します。

リフォーム価格の相場で見てみると、約50万円です。また、バスルームはユニットバスの場合であれば約40万円、洗面台約20万円で、オプションが少なく選べる素材が少ないものでこの価格です。これらをさらにこだわって選び、2つ設置するとなると、価格は大きく開きます。

 

また、二世帯住宅にリフォームするために、バスルームやトイレの場所を移動する場合も、場所によって5〜20万円かかります。

 

 

このように、価格の分かれ目はいくつかありますので、うまく建築価格を抑えることは可能です。

ただ、あまりにも価格面ばかりを重視してしまうと、プライバシーが保たれない空間、距離感が近すぎて息苦しい家、となってしまう危険性もあります。双方が快適な生活を維持しつつ、価格も抑えていくことができるよう、要望や希望はしっかりと出し合った上で二世帯住宅を創り上げていくようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

どこで価格を抑えるかがポイント


 

二世帯住宅の価格は、どのような間取り、設備を選ぶかによって大きく差があります。予算に合わせて、納得のいく二世帯住宅で笑顔あふれる生活を実現したいですね。

 

こんな家にしたい、という具体的なイメージがわかない、希望はあるけれど他の人の家づくりも参考にしたい方は、ぜひ建築実例をご覧になってみてください。

 

もっと価格について詳しく知りたい、間取りのアドバイスが欲しい、二世帯住宅を検討しているが疑問点がある…という方も、お気軽にお問い合わせください。