狭小住宅

『狭小住宅』とは、約15~20坪以下の土地に建てられた家、延床面積約70平米の一戸建ての家のことをいいます。かつては狭さに抵抗がある人も多かった狭小住宅ですが、価値観が多様化した現在においてはあえて狭小住宅という選択をする人が増えています。利便性、費用面といった様々な面にメリットがある狭小住宅で暮らしの可能性を広げてみませんか。